Saturday, April 15, 2017

加岸にある古民家カフェ tronc

す表通りに面しておらず看板は小さく細い路地の奥にあるので歩いて通りかかってもまず気がつかないと思われるカフェが加岸にあります。
加に住んでいるのに知ったのは今年。オープンからだいぶ経っているようです。
おまけに小さなカフェで、前回訪れた時は外に数人の方が待っているのを見てあきらめてしまいました。
今回は平日だったので再チャレンジ。
カフェの名はtronc


カフェの中は10席くらい。
表の和服屋さんの納屋だったそうで、土壁がレトロ。梁もむき出し。でも落ち着いた温かみを感じさせてくれるのは、インテリアからでしょう。座った席のテーブルがどうやら手作りだと気付き、カウンターを見るとやはり手作りらしい。
古書があちこちに置かれてますが、小説が多いようで、それぞれの本も空間を作っています。
かかっていた音楽はケルティック?
コーヒーとケーキ、そしてケーキに追加で頼めるシャーベットをいただきました。ケーキは味の組み合わせがおもしろくて美味しい。
お皿やマグカップは主張をしない陶器。そういえば建物もインテリアも食器も主張しないもので、いちばんの主役はケーキなんだなあ。