Monday, February 16, 2015

茨城県常総市 一言主神社の骨董市に行ってきた

お店のディスプレイに何か使えないかと思い最近骨董市やアンティークショップを訪れておりますが、今回は利根川をはさんで流山市からだと小一時間という距離にある一言主(ヒトコトヌシ)神社で毎月第三日曜日に開催されている骨董市に行ってきました。
すぐ近くにあるハーブハーモニーガーデンには以前何度も訪れてましたが、一言主神社は初めてでした。オフィシャルサイトを拝見すると、何やら三つ又の竹が神社のご神体かもですね。まずはお参りをして、境内の骨董市を散策しました。


到着したのは10時半くらいだったかと思いますが、広い駐車場はかなり賑わってました。でも帰る車も見られたので、先日の印西市と同様みなさん朝が早い。客の年齢も60歳以上という感じなので朝が早いのかな。ここも結構な人出だと感じました。シニア世代には骨董が趣味という方が多いんでしょうか。


先日の印西市木下駅近くの骨董市に行ったばかりなので、骨董屋さんには見覚えのある品が多い。つまり、かなり露店は同じようでした。全部じゃないけど半分は同じかな。


仏像などもあります。


刀や槍のような武器や民具も多くてデザインの面白いものもありました。
なかには春画もあってびっくり、興味津々。見てたおじさんは「やるこたぁ、今も昔も一緒だべー」ってしゃべってて笑ってしまった。

さて、購入したのは糸巻きというのかな。300円!! 上にグラスなどを置いてディスプレイに使おうと思ってます。



かなり年季の入ったものでも、デザインが好みだとか、なんか惹かれるというものが骨董やアンティークに見つけることができます。そういう物をリビングなどでアクセントとして使うだけで心地よい空間を演出できると思うわけです。
実は、木下駅の骨董市で気に入り、今回も出てた一番気になってるのは木の火鉢。もう一声安くなったら買って観葉植物の鉢の台などに使ってみたいと思ってます。
また行かなきゃ。

No comments: