Sunday, March 25, 2007

21日、ナビスコカップで柏レイソルは清水エスパルスに勝利

Jリーグは開幕して3節まで終了。レイソルは2勝1分という好調なスタートをきってるが、3月21日のナビスコカップでもホームで清水エスパルスに勝利した。

この日は今シーズン初生観戦。レシソルは主力を休ませるんじゃないかと思っていたがやはり7人を入れ替えてきた。エスパルスは土曜日に負けているので連敗は避けたいところだろう。フルメンバーじゃないかな。FWがいったい何人だというようなレイソルだったがフィニッシュまではなかなかつながらない。前からの守備もなんとなく主力選手ほどではない。石川のようにつまらないプレイでイエローをもらう選手もいた。せっかくのチャンスなのになんでもっとがむしゃらにやらないんだろう。いつの間にか中堅のようになっている谷澤ももっと自分の良さを全面に出してほしかった。
試合は終盤に動いた。85分にアルセルの先制点で勝ちかなあと思ったが、88分にあっさりと追いつかれてしまった。引き分けかという雰囲気が流れているところでロスタイムに決勝点を挙げたのはドゥンビアだ。
終わってみるとイエローカードもレッドカードも大量に出た試合だった。そんなに荒れたようには思わなかったが、両GKの行為はまずい。清水のゴールキーパーは試合終了後に審判に詰め寄りイエローカード。そして後日知ったのだが、レイソルの水谷選手もエスパルスのサポーターに対して挑発行為を行っていたようだ(「ナビスコカップ対清水エスパルス戦 試合終了後の水谷選手の行為について」)。こういう選手はしばらく公式戦には出場させない方がいいだろう。こういう行為は“一心同体”ではない。


No comments: